和薬膳学び舎 あさのは

大阪/北摂を中心に活動。いつもの食材で簡単薬膳料理講座・季節養生講座ご案内。丁寧な暮らしもどきな薬膳師の日常。

キレイな髪を保つポイント3つ

昨日“頑張らない薬膳”で

思いやりごはんをおうちの台所から。

『ブレない軸を作る』

和薬膳学び舎あさのはnaoです 

 

\昨日は人生初のインスタLIVEに挑戦/

 

ライフワークコンサルタント

平野えりさんのインスタで

ゲストとしてお話させて頂きました♪

https://www.instagram.com/8eri14h/

 

テーマは『ゆらぎ期』

 

その中で

女性が生涯を通じて

ケアして欲しいことをお話しました

皆さまの不調をコメントで頂くと

髪のパサつき、乾燥は

ヘアオイル購入で納得していた

という方が多く

実は“髪”に大切な根本的なところを

知らない方が多くて

コレはやっぱり

東洋医学の知識をお届けすることが

皆さんの役に立つ!

私の仕事だって実感しました☆ 

↓ コレは牡蠣 この食材も有効なんですよ♪

f:id:asanoha-manabiya:20221201070448j:image

東洋医学では

髪は『血余』(けつよ)と言われています

つまり

“血の余り”

からだに貯えられている“血”(けつ)は

心臓や脳、筋肉…

優先順位の高い順番で配布され

最後になるのが“髪”というわけ

 

ということは

髪をツヤツヤで保ちたいなら

“血”を減らしてはいけない

ということになりますね

f:id:asanoha-manabiya:20221201070453j:image

『何食べたらいいですか⁈』

という声が聞こえてきそうです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

写真の牡蠣やカシューナッツも

血を増やしてくれる食材です

 

薬膳では食材を

色で考える方法があるので

皆さんには分かりやすい

“色”でお伝えしましょう♪

赤と黒

 

人参・レバー・マグロ

黒豆・黒ゴマ・ひじき

このように♡

 

そして

キレイな髪を保つ

養生ポイントを3つ

①睡眠時間(23時までに寝る)

②貧血予防の食事

③ストレスをためない

 

特に睡眠時間は大切で

“血”は夜に作られると考えられているので

夜ふかしは禁物です

修復できないまま

翌日を迎え、また消費して…

 

冬に向かうこれからの季節は

自然界でも

動物や植物も冬眠して

静かに過ごす季節⛄️

人間も自然界の一部です

 

夜は早く寝て

朝もゆっくり

太陽と同じ頃に起きるのが自然です

(無理に早起きしなくて大丈夫)

 

たっぷり寝て

艶やかな髪を手に入れましょう♡

 

 

このように

日常生活で出来る食事や養生を

お伝えしている講座が

12月12日より募集開始となります

 

【食材効能薬膳講座】

金曜日クラス

 

全ての講座は公式LINEが先行案内となります

ご登録の上お待ちくださいませ♬

https://lin.ee/cafUN5T