和薬膳学び舎 あさのは

大阪・北摂を中心に、日本のおうちごはんと薬膳のいいとこどり『和薬膳』講座を主宰。五感で学ぶ子ども料理教室の講師として、大阪・神戸・京都で活動中。

震災から10年

f:id:asanoha-manabiya:20210311234519j:image

東日本大震災から10年

この1年前に私は仙台から大阪へ

 

生活し見慣れた景色が
見たことのない景色へ変わっていく
友人たちの助けになりたくても
何もできない無力さを痛感しました

 

それでも何か私にできることは…

 

物資も行き届かない中なので
家にある食材を聞いて
できるだけ水を使わず汚さず
今あるもので何を作れるか
私は友人に献立の提案やレシピを送りました

震災の時こそ

食べ慣れた食事をすることが大切だからです

あれからは普段から

ポリ袋を使った料理や

缶詰や乾物を使うことを意識するようになりました


私自身は阪神淡路大震災を経験しています

当時、寝ていたのは背の高い本棚の前

あの時、本棚が倒れていたら

たくさんの本とガラスの下敷きになっていたでしょう


そのことがあってからは

家具の形や置き方など

気をつけてきたことがあります

・食器棚は引き戸にする(オープンだと食器が飛ぶことがある)

・家具は低いもの

・寝室の壁には何も飾らない(寝て居る時は無防備だから)

・各部屋にLEDヘッドライト(両手が使えるように)

f:id:asanoha-manabiya:20210311235134j:image

 普段から防災を取り入れることの大切さを

自分自身や家族で考えることは必要ですね

 

食では

乾物や缶詰を普段から使っておくといいと思います

被災した時ほど

いつもと同じ食事をすることが

心を守ることにもつながるからです

 

先月の

グランフロント大阪Panasonicくらしの大学のイベントでは

冷え対策の薬膳講座で

私もレシピを発表させていただきました

テーマは『冷え』ですが

防災クッキングとしても活用できるレシピです

鯖缶を使ったトマトソースで

パスタやニョッキに合わせたり

バケットにのせたり、スープにもなり、冷凍もできます

フライパン1つでできるのも良いところです

今日をきっかけに

防災クッキングレシピもレパートリーを

増やしていって

次の世代へちゃんと伝えていこうと思います